結局、人間は悪が好きなのよね〜〜

2016.12.05 Monday

0

    スターウォーズを観てて思ったね。

    結局、人間って、悪って存在が好きなんだなって。

     

    アナキン・スカイウオーカーの気持ちは凄くよくわかる。

    よくぞここまで細かに心情を書き上げたものだと感心する。

    それくらい、アナキンの心は手に取るようにわかるのよ、私。

    私がアナキンだったら、やはり同じようにダークな世界に入ってくよね、絶対に。って思う。

     

    最新作のスターウオーズ、どんな内容かな?って思ってWOWOWで観たら、、愕然。

    え〜?!あんなに苦労して皇帝を倒したのに、また皇帝みたいなやつが出てきてて。

    しかも弟子までいて。

    結局、同じことの繰り返しなの〜〜〜?!って愕然としましたね。

    でもジェダイが活躍するには悪が必要であって。

    ダースベイダーが必要なんですよね。

    だからジェダイが活躍する場面が出てきて「かっこいい」って思うのよ。

     

    私は、皇帝を倒した後の、幸せな世界のスターウオーズが観れるのか?って楽しみにしていました、実は。

    でもやはり、スターウオーズなのね。

    結局戦うんですよね。

    絶対的な悪がいなくなっても戦いは終わらないし。

    また新しい悪の存在を見つけるんだよね。

    面白いよね〜〜人間って。

    心の底では悪を求めている存在なんだと思う。

     

    でもそれを言うか言わないか。

    それを表に出すか出さないか。

    その僅かな違いだけです。

     

     

    ずっと嫌いだった人に災いが襲ったら、大変ね。可哀想〜〜って口では言うかもしれないけれど

    心の中では「(*´▽`*)わーい、やったぜ!!」って思う。

    いや、ほんとに。

    嫌いな人の不幸を一緒に悲しむほど私は優しくないです。

    いや、過去の私はそうだったと思うのですが、もうそんな自分は辞めました。

    いい人でいても損するばかりです。

    そんなことをしている間に、天使の顔と悪の心を持った友人はどんどん幸せになり、

    人を疑うことを知らない素直な私はそれを信じたばかりにどんどん幸せから遠ざかってしまいました。

     

    人にはずるがしこさが必要です。

    優位に生きたいと思うなら狡猾さや冷徹さも必要なんです。

    状況を見る冷静な判断力も必要です。

    私の正直な心は、嫌いで憎んでいた人が不幸な境遇になったら、私は多分内心ですっごく喜ぶ。

    ほらね〜〜〜〜!!って。

    いや、それが正直な気持ちだから(笑)

    だってそんな楽しい話はないでしょう!!

    私が嫌いな人だもん。

     

    でもそれが人間しか経験ができない感情であり感覚なんだと思います。

    だからそこを無理に誤魔化さなくてもいいと思うんだよね。

    好き、嫌いがあるように。

    心もそれぞれ感情があって、喜んだり悲しんだり憎んだりする。

    今、好きな人だって、10年後には酷く憎んでいるかもしれない。

    保証なんて何もない。

     

    そう人生に保証なんてないんですよね。

    結婚しているから大丈夫とか。

    親が元気だから大丈夫とか。

    今が健康だから大丈夫とか。

    そんな保証は何処にもない。

    何か起こった瞬間、そんなもの一瞬で吹っ飛びます。

     

    世の中にはいい人ぶっている人もいるし、悪ぶっている人もいる。

    本当の姿なんて誰もしらなくていいと思うのよ。

    でもやはり自分には正直にありたい。

    だから私は好きなものは好きだという自分。

    嫌いなものは嫌いだし、それを無理に好きになる必要もないと思うし。

    そんな自分の気持ちが大好きですね(*´▽`*)

    誤魔化さず、感情に正直に生きたいです。

    せっかく人間に生まれたんだもん。

     

    スターウオーズを観てて、つくづくそう思いましたね。はい。